2011年08月26日

マレー半島にアレルギーはありますか?2


今年もやってきました。
マレー半島の花粉症。

と私はすでに確信しているほど
日本での花粉症と同じ症状のものに
今年も罹患しております。

去年もそのようなものに罹患し
「はてっ?マレー半島にも花粉症があるのか??」
と不可思議に思っていたのですが

今年は完全にその存在について確信を得るに至りました。

医学的な裏は何も取れてないけど。

だってですね、
私だけじゃなくて、マレーシア人も結構花粉症症状に煩わされているのですよ。
しかも同時期に。

鼻水
くしゃみ

目のかゆみは今のところ聞かないが、

この2大症状に同時期発生的に多くの人がかかるというだけで
花粉症がマレー半島にもやってきた、という証左ではありませんかっ。

ちなみに去年は9月〜10月でしたので、
今年は少し早まった、と。

これは花粉症に違いない、と方々で言うのですが
「マレーシアに花の季節はないよ。この時期は天候がいまいちでね、
だからこれは風邪なの。」

などと言い返されるのです。

天候なんて常夏じゃ、たいして変化ないじゃないか!!
花粉症20年選手の私が言うのだから間違いない!!
この症状は風邪じゃありません!!花粉症の症状!!!

というものの、杉やらヒノキやらといったものは見当たりませんので
私の意見に医学的確証がとれるかどうかは・・・・・。

でも何らかのアレルギーではないのかなぁ・・・。

・・・・は、は、はーくしょん!!!!

posted by おさる at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

断食明けの食事会


1ヶ月間の断食の期間は、単純に食べ物を食べないというだけでなく、
貧しい人、恵まれない人のことを思いやる期間でもあるそうです。

聞いた話では、
最初の10日間は「神の恵み」の時期であり(nikmat rahmat)
次の10日間は「許し」の時期であり(keampunaan)
最後の10日間はより特別な時期で、献身的にお祈りする時期
とのこと。

断食の期間には様々な場所で、日が沈むと同時に食事を食べる会が
催され、上記の貧しい人々などが招かれる様子です。

昨日は、この断食明けの食事会が地元ホテルのオーナーによって
開催され、障害者の人々とその家族を中心に招かれました。

障害者をひとくくりに「貧しく恵まれない人々」としてしまうのは、感覚的に
どうしても抵抗はありますが、
こちらの人々はこのこと対して特に抵抗を感じている様子はないような
気はします。

主催者のホテルオーナーが食事をふるまい、最後に来訪した障害者の
人々へお金を少しずつ配ります。

お恵み、というような感覚がどうも受け付けないな〜、という気がしつつも
これはイスラムの文化?とも思うし。

しかしながら、皆それぞれ伝統衣装に身をまとい行う食事会は、それはそれで
華やかなものもあります。
今回、「出席人数が足りないから、カナの知り合いの障害者登録をしている人を
呼んでもよいよ。」と言われて、幾人かに個人的に声をかけました。
そういうこともあって、会場に行ってみると多くの人が私の知っている人たちでした。
たしか60名の障害者の人たちを呼んだ、ということだった気がするけど
この1年でずいぶん多くの人たちと知り合いになれたんだなぁ、と
改めて感じたところ。
その60名全員のお役に立てているわけではありませんが、
でも、一緒に行った配属先の職員よりも全然顔がきくぞ(笑)
などと思いつつ。

RIMG0435.JPG

もうすぐ断食も終わり。
私は結局ほとんど断食できませんでしたが・・・。来月はいよいよこちらの新年を迎えます☆



posted by おさる at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | マレーシア文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月12日

断食とドリアンと活動とオラウータン



現在、イスラム教徒の断食の期間になっています。

断食を装ってのダイエットをしようかと思いましたが、
なぜか逆に太っているような気さえする今日この頃。

一日2食は相撲取りの食べ方と一緒なので
やはり太りのでしょうか。

そしてまた現在ドリアンの季節。

果物の王様ドリアンは
その強烈なにおいで有名ですが、
どういうわけか去年は受け付けなかったそれが
今年は
「おいしぃ〜。」
という感じで
この季節になってから、ドリアン食べ会に2回ほど参加させてもらっていますが
思う存分楽しんでいるところであります。


RIMG0367.JPG


うちの事務所きってのイケメンもドリアンを喰らうの図



RIMG0368.JPG

そういえばドリアンの食べ過ぎも太るそうで。
断食しても効果ないわけです。


活動の方はいつもどおりぼちぼちで
マイペースですが、
ホテルのバックヤードでの実習を終えたPDK利用者へ
「がんばりました賞状」を授与
(勝手に作成)

RIMG0387.JPG

今後、ホテルで雇ってもらえるかどうか、断食が明けてから再度ホテルのオーナーと
話し合いをする予定ですが、
まぁ、いいじゃないか、ともかく1か月頑張れたのだから、と
彼も私も
とりあえず満足しております。

彼はときおり自分の世界に舞い込んでしまう癖があり
実習の途中でも
「あ、電車が来たから見に行かないと。」
などと言って
駅の見えるお部屋に勝手に行って、窓から電車を見ては大興奮する
という
奇異なこともありましたが、
運よくバックヤードで働く他のスタッフの人たちの理解があり
面倒も見てもらって、1か月頑張れたのは、結構感嘆するべきことでした。

なんせ皆に実習だって無理って言われたケースだったけど
やってみないとわからない
ってことを、色々な人と共有できたことは良かったことなのです。

それからそうそう
最近、ボルネオ半島で活動する同期隊員のところへ見学に行き、
あっちのやつを見てきました。
とてもかわいいですね、あっちのやつ。


DSCF0766.JPG
posted by おさる at 21:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 協力隊員活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。