2012年03月11日

震災1年

今日、2011年3月11日のからちょうど1年の日でした。

ちょうどKLにいたため、NHKの番組と共に震災のおきた日本時間14時46分に黙とうしよう

とテレビを見ていると、なんとも運の悪いことになぜかテレビ電波の調子が悪くなり
その時間の前に見られなくなってしまいました。

仕方がないので、自分で時計を見て、一人で1分間黙とうをしました。

1年前
「お前の田舎は大丈夫か?」「家族は無事か?」
とあれこれと心配してくれたまわりのマレーシアの人たちも
1年がたち
もうその関心はかなり薄れているのだろうと思います。

また「原発事故はもう解決したか?」と聞かれることもありますが
解決の道のりは少なくとも30年とされるこの問題。
簡単に片付かないことなんだ、ということが伝わっていないのかもしれないと感じます。

外国にいて、多くの友だちと知り合いのできた私にとってできることは
「今日は震災のあった日なんだ。まだ大変なんだ。」ということを
自分の知っている人にちょっとでも伝えること。

そういう地道なことが、震災の記憶を風化させないために
自分のできることなのかなぁ、という気がしています。

なんせ、どんなことでも、誰からも気にされなくなる、ってことが一番怖いから。

------------------------------------------------------------------------------

ところでこれまでのJICAマレーシア事務所長が3月で日本に帰られることになり
先日その送別会がありました。

協力隊出身だった永江所長。
直接にいろいろとかかわりがあったわけではないけれど、
ボランティアのこと、いろいろわかってもらえている、という安心感がありました。

寂しいですが、お気をつけて日本まで!!

image031.jpg

posted by おさる at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。