2012年03月26日

マレーシア映画


映画はそれなりに好きな方でしたが、マレーシアでは映画とは縁遠くなってしまい
マレーシア映画も、ほとんど知らず。

それではもったいないな、と思い立ち、マレーシア映画鑑賞を始めました。

と言っても、映画館があるわけでもない私の町。
怪しげなDVD屋に行って、おいてあるDVDをまとめて買って週末鑑賞していましたが
なんというか、
ナンセンスな映画のオンパレード。

コメディーものは、ドリフを映画にしたような感じであり
恋愛ものは、昼間ドラ2時間もののようであり

これを映画と称してよいものかも、やや疑問なり。
と言わざるを得ない鑑賞感。
田舎のDVD屋に文化的と言える映画は存在しないことがわかりました。

でも、もちろんマレーシア映画にも良いものもあります。
私が好きなのは、Yasmin Ahmad監督の映画。
すでに亡くなってしまった監督ですが、お祖母さんが日本人ということもあってか
日本でも知ってる人は知っている?有名な監督です。

image009.jpg

生前に作られた映画6本のうちまだ2本は見れてないですが、
多民族国家マレーシアの面白さと問題点をつく内容のものが多いようです。

映画の中で語られた会話で印象深かったのが
「ラジオをひねれば、マレーだインドだ中国だ、いろんな音楽が聴ける。
もし、一つの文化や言葉、民族しかない世の中だったらどうなんだろうね。
想像もつかないね。」(Gubra)
というもの。

日本に住んでいると、言葉や民族の多様性を感じる機会が少なくて
逆に多民族の社会ってどんなのよ
と疑問に感じるものと思いますが、
マレーシアのような国の人からすると、
いろんな文化がまじりあっていることが当たり前で、
そうでない世の中ってどんなのよ
と感じるものなのだなぁ、と改めて実感しました。

2年近くのマレーシア生活の中で、ここでの文化のあり様も、なんとなく当たり前に
感じるようになってきていましたが、
やはりマレーシアは面白い。言葉も食べ物も文化もごった混ぜ。
ごた混ぜな分、言葉なんて通じればOK、という適当さですが、
その適当さもまた面白い。

映画というフィルターを通じて、自分のいる地点を見直すと、
ちょっと愉快になることがわかり、今度は大きいDVD屋に行って、bまともな映画を
買ってこよう、と思っているところです。


posted by おさる at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | マレーシア文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/260095856

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。