2012年04月27日

薬物依存者の自宅訪問

帰る間際になってから色々なことに気づいてくるものですが
障がい者支援のための派遣であっても
社会福祉事務所のいろいろな部門の仕事にもっと関わらせもらえればよかったなぁ
と思うようになった今日この頃。

もちろん派遣の目的通り、障がい者支援を中心にやっていけばよいのですが、
しかし、マレーシア社会のあり様をよく知り
その中で実践されている福祉のあり方を知るためには
事務所で行われること様々なことに、もう少し目を向けてくればよかったと思います。
他分野のことであっても、
「マレーシア社会におけるソーシャルワークではどういう姿勢と認識で支援が行われているか。」
ということを学ぶことができ、
そのことは広い意味で自分の活動の土台にもなります。

遅きに失していますが、まぁそれでも日本に帰った時に他分野の福祉の状況を聞かれた時に
ある程度の状況を伝えられるというメリットもあるので
帰るまでの間、本業の合間を縫って
高齢者や青少年、薬物依存の人たちへの支援などに
最近は同行させてもらう機会をつくるようにしています。

そして本日は
Agensi Anti Dadah Kebangsaan
(National Agency of Anti Drugかな、英訳すると。。日本語だと反薬物協会??)と
社会福祉事務所の共同で行われる薬物依存者宅への訪問活動に同行させてもらいました。

薬物依存というとヘビーかつセンシティブな問題なので
同行しても良いのかな・・・?と思っていましたが、
そのへんもオープンというか、OKとのことで
逆に言うとプライバシーの保護という観点も少々緩い。

アルコール天国の日本とは違い、イスラム教国家のこの地では
アルコール依存症の話はそれほど多くは聞きませんが
一方で、薬物汚染の魔の手は私の任地のような小さな町にも広がっているようです。

薬物所持のため逮捕された人たちは、裁判所命令により
2-3年の間、上記の反薬物協会の提供するグループに定期的に参加し
また自宅訪問も行われる、とのこと。

本日は5ケースの家をまわり、生活状況を確認する作業が行われていました。

薬物に手を出す構成員のいる家庭では
他の問題も散見されるため
社会福祉事務所からの支援の必要性のあるケースも多いとのことで
そういった背景をもとに、今回の訪問は社会福祉事務所との共同で行われたようです。

今日のケースの中にも、いかにもすぐに壊れ落ちてしまいそうな家に住む
7人の子どもがいる家庭がありました。薬物依存者は父親。
就学年齢にある子どもたちも学校に行かずに家にいる。
「字を読んだり書いたり出来ない。」という母親は、社会福祉事務所で提供される
扶助についても知らなかったため、福祉を受けたことはなかったとのこと。
「福祉事務所に私を訪ねて来て下さい。援助することができますから。」
と職員が伝えて帰ってきました。

image008.jpg
(立っているのは職員)


こういうふうに福祉の色々な側面を見ると
マレーシアでもソーシャルワークは実践されており、
また今後もマレーシア社会に適合した方法論で確立されていくのだろう
という気がします。

残り少ない限られた時間の中ですが、
マレーシアの社会福祉の現状に関する見聞を少しだけ深めていきたいと思います。
posted by おさる at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 協力隊員活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/267155398

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。