2012年05月02日

学んだこと色々

帰国を目前に控えて、協力隊の活動で悲しいことやら腹のたつこともいっぱいあったし
まわりの隊員と比較して決して活発とは言えない
のんべんだらりとした日々を送っていた私ですが、
でも、そうは言っても色々と勉強させてもらったなぁ、とふつふつと感じる最近。

一体何を学んだのか整理してみようと思います。

配属先から学んだこと

@活動には目標をもつこと

目標はそんなに大きなものでなくてもよかったんだ、というのが今の感想。
「この訓練生と一緒に食事作りのプログラムを週1回3カ月やります。」
とかそんなのでも良かったのです。大切なのは地に足付いた目標を立てること。


A活動前現状分析と評価をきっちりとすること

地に足のついた目標をもつためには現状の分析と評価が絶対に必要です。
ざっくりと「こんな感じやなぁ。」というだけでは
そこから何に変化をつければよいかわからないし
さらに、活動の前の分析と評価ができていなければ、
その後一体自分の活動で何が変化したのかもわからず、
成果の提示することもできません。

配属先がボランティアを要請するのは、言うまでもなく変化と向上が欲しいから。
その変化を見える形にするためには、
「活動をする前の状態」をきちんと見定める必要があると感じています。
この現状分析と評価をきちんとできていなかった私。
いや、どんなふうにやったらいいのかもわからず
手当たりしだいだったというのが現実。
今になって、活動終盤になり自分の活動で一体何がどう変わったのか、
ということを提示したくても
活動前の状態像の詳細を残せていない部分が多いため、
提示ができない、と茫然たる思いに陥ったりしています。
反省しても遅かりし。2年前にはもう戻れない。

B活動の成果はまわりにわかる形で残すこと

社会福祉という人への支援をする仕事で、
「言葉じゃ伝えられない変化こそが重要なんだよ。」
なんて思うところですが、それはぐっと胸におさえておくことが必要。
特にそもそも言葉が100%通じない、
そして物事の捉え方も自分とはずいぶん違う外国での活動で、
「言葉じゃ伝えられない変化」に対しての理解を求めようとしても至難の業です。
まわりにわかってもらうためには、
「何が、あるいは誰がどんな形で具体的に変化したのか。」
ということを成果として伝えなくてはいけないんだ、と思います。
そしてまた数字もあったらいい。数字は一番わかりやすい客観的指標。
「数字なんかで人への支援の何がわかるんだよ。」
という気持ちはそれはそれとして大事に温めつつ、
自分とは認識の違う(かもしれない)人たちへ成果を提示するために
数字も用いる場面が必要です。

以上、2年を経ようとして「結果論としてわかってきたこと」で、これらを出来ていたら
さぞ自分の活動もまとまったものになり、形に残っていたことだろう、と思うのですが、
まぁ、ほとんど出来ていない。

最初に誰かに教えて欲しかったよ、とほほ
と思ったりするものの、
そんなことは当たり前のことで誰もかれも御存じのことだったのでしょう。

しかし、私にとって大切なのは、「身をもって以上の教訓を得た。」ということで
おそらく最初に誰かに同じようなことを教えられたとしても、右から左、
実感を持って聞くことはできなかったでしょう。
経験と気づきを経て得た教訓は、たとえまわりから見て当たり前のことでも
自分にとっては人から何百回教えられるよりも、血となり肉となるもの。

今後の人生にさて活かすことのできる教訓なのかどうか、わかりませんが
でもどんな仕事でもたぶん同じような状況はあるんだろうな、と思います。

そうそう、だから私は少し成長したんだ。

手前勝手ですが、そんな風に前向きに捉えていこっかなぁ、と思うところです。

---------------------------------------------------------------------

関係ないけど、写真はABC
ABCって何よ
って簡単にいうとゴテゴテとしてかき氷のことをマレーシアではそう呼びます。
隣町のちょっと有名という噂のABC屋にて。

image022.jpg
posted by おさる at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。