2012年05月15日

政治の季節

どうもマレーシアでは6月に総選挙があるらしい。

そこここに、政党の旗がはためいています。

さて一方、配属先の社会福祉事務所はここのところ忙しそうな様子。

それというのも、この総選挙にからんでのことらしい。

社会福祉事務所の一番大きな仕事は「福祉の支援金を受給者に渡すこと。」
貧困層
高齢者層
児童
障がい者
がその受給者であるわけですが、現在では手渡しの人もいれば銀行振り込みの人もいます。

それがこの「選挙がらみの時期」に入ってきたことで銀行振り込み中止、
手渡しで実施ということになっているようなのです。

その方法転換の決定プロセスの詳細は私もよくわからないのですが、
どうも政治家による圧力があるとのこと。

要するに、与党議員が
「現与党政府がこれだけ福祉のためにお金を
国民に与えているんだ、ということを目に見える形にする」
という目的のために、福祉事務所に介入して
手渡しの方法を実施させているとのことなのです。

その方法もかなり強引かつ大胆で
先日、「福祉のお金を政治家が手渡しする会」
(という名称ではもちろんありませんが、実質はこれ)
が開かれ、地区内2000人を超す福祉受給者を一斉に呼び出し
地区代表の政治家が福祉支援金を手渡ししていました。
それもこれも
「私と私の所属する政党のおかげでこんなに福祉の恩恵をが受けれているのよ。」
ということを示すため。

そんな単純に国民を操作できると思ってるんか!!馬鹿にするのもほどほどにせーよー!!

体の不自由な障がい者や高齢者まで無理やり呼び出すなんで・・・、

逆にそんな政府には不信感を抱いちゃうよ。

と思ってしまいましたが、いかがでしょうか。

マレーシアの民主主義が、なかなか進んでいない証左と言えるのではないでしょうか。

さらに、マレーシアではこういう
「おいおい、誰のための政治なんだよ。」
というような出来事も、プレスが単純に
「ナニナニ議員が今日、どこどこで福祉のお金を与えました。」
というような報道しかしない。というか、政府検閲が入るから、
政府に良いようにしか書けない。
(中華系プレスは政府検閲が少ないのか、もうちょっと色合いが違うみたいですが。)

報道の自由度が低いから、政府が裏で何やってんのかちゃんと報じられず
時に国民が愚弄されている
といっても過言ではないような気がします。
(先日読んだニュースでは、アメリカの人権団体が行った2012年報道自由度ランキングでは
マレーシアは197カ国中144位だったとのこと。)

まっ、他の国のことを偉そうに言えない日本かもしれないですが・・・。
でも、こんな単純なこと、さすがに日本でも行われないですよね・・・。
って信じたいのですが。

いずれにしても、これからしばらくマレーシアでは政治の季節が続くようです。


↓福祉受給者が壇上にあがって政治家からお金を受け取っている。
image010.jpg

↓受給者が一気に来て大混乱の福祉事務所カウンター。めちゃくちゃやなぁ・・・。
image001.jpg
posted by おさる at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/270129225

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。