2011年10月13日

It's so cute but...


It's so cute, but sooooo artificial!!!

RIMG0859.JPG



グロテスクなほど色付けがされてあるのが、こちらのお菓子。

体に悪そう!!
と思わず、楽しんで食べましょう。When in Roma, do as the Romans do.
(ただし食べ過ぎはほんとに体に悪そうだ。)

ボランティア仲間の方から教えてもらった、こちらのカラフルお菓子のレシピ。
PDKでやってみました。

RIMG0840.JPG

1回目は、混ぜが足りずに失敗。
自宅にて試行錯誤をした後再挑戦し
2回目は、それなりに成功。

----------------------------------------------

さて、ここ2カ月ほど、隣の地区へ活動を広げる前の「スタンバイ」状態で
かつ就労支援の新ケースもなかったため
ぼうっとするにはあまりに長すぎる期間

・パステル画をしてみたり
・ビー玉で絵を描いてカードをつくったり
・スカイププログラムをしたり
・お菓子を作ったり
・ペットボトルでボーリングしてみたり

自分なりには工夫して、あの手この手でプログラムをやってみましたが、
残念ながらその後なかなか続かない。
やったその回は、PDKの職員も利用者も楽しむことができるのですが、
継続的に行えるプログラムにはなっていっていないので
なんとなく場当たり的な感じのままだなぁ、という気がしております。

例えばお菓子作りプログラムなどは、vocationalプログラムとして
週1回やろう、
などという声がPDKの方から出てくれると良いなぁ、と思うのですが
そうはならない様子。
職員の側に立ってみても、はっきり言って、ルーティンのプログラムを用意しておいてほうが
その日その日のアクティビティーをその都度考えるよりも、ずっと負担も
少ないと思うのだけどなぁ・・・。


やはり私の力不足でしょうか?
posted by おさる at 18:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 協力隊員活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

新しい地区


すでに1年以上、同じ地区で活動をし
ある種の成果もあり
何も変わってない点もあり
マンネリ化もあり

日本一時帰国で気分を入れ変えたと思ったけれど、1か月ともちませんでした。
またまた中だるみ。

そういうわけで、活動の新しい局面へ向かわなければ、
おそらくだらだらと日々は過ぎ、
早く帰りたい、と望郷の思いにばかりとらわれるに違いない

と確信していたので、早く別の地区でも活動したい、と
もう2カ月も前からカウンターパートに相談していました。

が、なかなか事は進まず。
カウンターパートは日々の福祉事務所業務に多忙で(それは本当にそうだと思われます。)
私のことに手を焼いている暇はなく
私はひたすら「スタンバイ」していました。

そして本日やっと隣地区の事務所へまずはあいさつに行けることに。
しかしながら一緒に行ってくれるはずのカウンターパートは、今度は家庭の事情で
その日は仕事に行けなくなった、と言い
「日程をずらすか、カナ一人で行ってくれるか?」と。

「スタンバイ」に辟易していた私は「んじゃ、一人で行きます!」
と勢いで言ってしまい、
言ったその日から、何やら緊張モードになってしまいました。
隣地区の事務所担当者へのアポは、カウンターパートが取っておいてくれるものの、
知らない場所に
のこのことよくわからない日本人が
言葉も達者でないくせに一人で行く
ということで
私は不安で不安で。(自分で言ったくせに)

担当者名はシャムリーさん
男性
同年代
どんな人なのか、冷たい人か、辛抱強く話を聞いてくれる人か、
テキトーな人か、マジメな人か

最初に配属先に行った時には、右も左もわからずで
言われるがままに活動に入って行ったわけですが、
すでに1年を経過した今ではそんなことも言っていられない。

「こんなことができます、協力して一緒にやりませんか。」
という提案をしなくてはならないし
相手に「やってみよう」という気になってもらうように、もっていかなければならない。
ちょっとした営業的側面も今回の訪問にはあるぞ。

と、少々気を張りつめ
「人は見た目が9割」という読んだこともない本のタイトルを思い出し
普段は着ないアイロンのかかったシャツを着こんで行きました。

結果的には一人で行ったことが吉と出たよう。

カウンターパートと一緒だと、こちらも頼ってしまうし
カウンターパートの方も私の頼りない様子に、いてもたってもいられず口出しし
たいてい、自分の考えは届けられないまま、事は終わってしまうのですが、
今回は何とか伝えようとする気持ちが通じたのか
話はとんとんと進み、

まずは隣地区のPDKを半日かけて場所案内してもらう
さらにその午後は、私の就労支援に関するプレゼンをPDKの職員にする場をもたせてもらう

という日取りを設定するに至ることができ、一安心。

もちろん新しい地区で、どんなふうに展開することができるのか
あるいはできないのか、まだまだ未知数ですが、
最初の出だしとしては好調なものにできたなぁ、と久しぶりに手ごたえを感じた日でした。

-----------------------------------------------------------------------------------

写真はてんでうまく撮れていないけど
最近行った美しいマレーシアの島から。

DSCF0829.JPG


posted by おさる at 20:56| Comment(44) | TrackBack(0) | 協力隊員活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月30日

ビー玉アート



スカイプ通信を続けさせて頂いている日本のNPO「W・I・N・G 路をはこぶ」さんから

ビー玉アート

なるものをスカイプを通じて教えて頂きました。

PDKでスカイプをしたときに、「W・I・N・G」さんがビー玉アートを利用者さんと
行っている様子を見せて下さり、PDKのワーカーが「これはできそうだね、やりたい!」

とやる気になってくれました。
実際に利用者さんとやっている場面を見ることができたことが
よかったのかなぁー、と思います。映像の効果はすごい☆

方法はいたって簡単。

段ボール箱に絵具をつけたビー玉を入れ
箱を揺らしてビー玉をころがす

というだけ。

RIMG0608.JPG

色がよい具合について、「アート」っぽくなります。
ちなみに今回はマレーシア国旗の「青・赤・黄色」とちょっとさみしいので黄緑をいれて
描いてみました。

RIMG0616.JPG

W・I・N・Gさんではこのビー玉アートを、はがきサイズに切って販売している、とのこと。
今度、そのはがきを送って下さるそうで、楽しみです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

障害のある人の就労支援の情報発信、ネットワーク作り、人材養成などを行っておられる
NPO法人 ジョブコーチネットワークさんが、ココナッツ娘ブログの紹介をしてくださいました。

http://www.jc-net.jp/outCts.tsv?no=6868


posted by おさる at 11:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 協力隊員活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。