2012年05月16日

結婚狂想曲

マレー人の結婚式に行ってきました。

マレー人の結婚式は知り合いの知り合いとか
近所の人とか、とにかく1000人規模で異常にたくさん集まるもので
もうこの2年で私もかなりの回数行きました。

が、今回は初めて友だち自身の結婚式に出席。

ああ、この2年であの子は遠方の彼氏と別れて
家の近所の青年とつき合い出して、そしてもう結婚か・・・。
人生は進む、、、そして私はまたしても特に何もなかったなぁ、、、。

と、自分の全く色気のない2年間に思いを馳せつつ
友人の結婚式ということで、いつもなら結婚式に行くと言っても
少し顔を出す程度のところを、今回はがっつり前日入りでその一部始終を見てきました。

そして結論
結婚はどこでも狂想曲だ。

まず、結婚式(マレー方式では通常式は2回実施されます。1回目は花嫁側主催の式
2回目は花婿側主催の式)
の前日に、誓いの儀式が実施されます。
この誓いの儀式に際しても、花嫁は分厚い化粧が施されます。

↓注目すべきは、このメイクアップアーティストです。汗だくになりながら、美を追求していました。

image009.jpg

そして誓いの儀式

image018.jpg

花婿と花嫁の父親が対面しています。花婿はかなり緊張を強いられているでしょう。
正確にはわかりませんが、結婚のお約束をしていました。

見守る花嫁。

image017.jpg


そして晴れて夫婦となる。
image035.jpg

さて、この誓いの儀式が終わった後、花嫁は次の日の準備にかかります。
それは何かというと、衣装合わせ。
結婚式の衣装なんか、もっと早いうちに
念には念を入れて合しときなはれや
と思うのですが、そこはなんとも詰めの甘いマレー人。
何やら花嫁のお部屋で女衆が集まって、あーでもない、こーでもない
と言っていました。

そんな時もさっきのメイクアップアーティストが先頭切って助言。
image065.jpg

結婚式のプロです。

その後、服の件はとりあえず落ち着いたようですが、
後から花嫁が私のもとにきて、「さっきの誓いの儀式の服、変じゃなかった??
明日の服も、お姉さんたち、綺麗じゃないっていうの・・・。ああ・・。」
とまわりが寄ってたかって言いたいことを放っていった結果の不安に陥っていました。
かわいそ。

さて、花嫁の家族は式に向けておそろいの服を手作りで作成。
私もこの家族のいちメンバーに入れてもらったようで、服を作ってもらっていました。
ありがたいことです。
んが、みな同じ生地で作られた服のせいで、どれが誰の服か、
全く分からなくなってしまった様子。またしても詰めの甘いマレー人。

image067.jpg

そんなことをやっているうちに夜も更けて、皆寝不足のうちにさていよいよ結婚式当日。

まず、午前中は花嫁とその家族や何か役割を受けたおばさま方が集まり
イスラムのお祈りをしていました。

image081.jpg
ここでも、てんやわんや(笑)。
マイクを使ってお祈りしているのですが、そのマイクがちゃんと音入ってない。
入ってないですよー、と音響係のおじさんにヘルプを頼むと
お祈り中の厳粛な中なのにもかかわらず、
「えっ、何?入ってない??じゃ、これ使って、はい!」
とでっかい声でさけぶもので、花嫁の家族も、あっちゃー、の顔(笑)

まぁ、そんなこんなもありながら、午前中のそれは終わり、
またしても花嫁はメイクアップに入ります。

image107.jpg

そして仕上がり。

image119.jpg

そして、花婿が到着。

image121.jpg
今回花婿は歩いて3分の家に住んでいるため
あまりにも近すぎて拍子抜けするということで、
わざわざ遠回りして花嫁の家に来ていました。

日本の披露宴みたいな、挨拶とかなんやかやの出し物的なものはあまりなく
花嫁と花婿がそろったら後は、あとは参列者は食べて写真を撮るのみ。
この結婚式も、例にもれず1000人級の参列者が来ていました。
食事は例の村の相互扶助制度のもとに、村の人たちが巨大な窯で手作り。
鳥を何百匹だかさばいたとか言ってました。

この家族には、2年間本当によくしてもらって、
まるでホントの家族のように、私に接してくれていました。
そんなわけで、私も家族写真に参加。

・・・・、どこにいるかわかりますか〜??

image142.jpg


最後に
結婚式の夜、花嫁は私が寝ようとしてるところに来て
「うーん、怖いよ〜。」と言っていました。

「何が怖いものか、Enjoy.」
というと、「Shut up,,,kana」
と言われました。とか言いながら「ちょっとSexyに・・・」
とつぶやいて、ちょっとSexyになる服を持って出て行きました。

・・・・・どうぞお幸せに・・・・・。







posted by おさる at 04:21| Comment(24) | TrackBack(0) | マレーシア文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

マレーシア映画


映画はそれなりに好きな方でしたが、マレーシアでは映画とは縁遠くなってしまい
マレーシア映画も、ほとんど知らず。

それではもったいないな、と思い立ち、マレーシア映画鑑賞を始めました。

と言っても、映画館があるわけでもない私の町。
怪しげなDVD屋に行って、おいてあるDVDをまとめて買って週末鑑賞していましたが
なんというか、
ナンセンスな映画のオンパレード。

コメディーものは、ドリフを映画にしたような感じであり
恋愛ものは、昼間ドラ2時間もののようであり

これを映画と称してよいものかも、やや疑問なり。
と言わざるを得ない鑑賞感。
田舎のDVD屋に文化的と言える映画は存在しないことがわかりました。

でも、もちろんマレーシア映画にも良いものもあります。
私が好きなのは、Yasmin Ahmad監督の映画。
すでに亡くなってしまった監督ですが、お祖母さんが日本人ということもあってか
日本でも知ってる人は知っている?有名な監督です。

image009.jpg

生前に作られた映画6本のうちまだ2本は見れてないですが、
多民族国家マレーシアの面白さと問題点をつく内容のものが多いようです。

映画の中で語られた会話で印象深かったのが
「ラジオをひねれば、マレーだインドだ中国だ、いろんな音楽が聴ける。
もし、一つの文化や言葉、民族しかない世の中だったらどうなんだろうね。
想像もつかないね。」(Gubra)
というもの。

日本に住んでいると、言葉や民族の多様性を感じる機会が少なくて
逆に多民族の社会ってどんなのよ
と疑問に感じるものと思いますが、
マレーシアのような国の人からすると、
いろんな文化がまじりあっていることが当たり前で、
そうでない世の中ってどんなのよ
と感じるものなのだなぁ、と改めて実感しました。

2年近くのマレーシア生活の中で、ここでの文化のあり様も、なんとなく当たり前に
感じるようになってきていましたが、
やはりマレーシアは面白い。言葉も食べ物も文化もごった混ぜ。
ごた混ぜな分、言葉なんて通じればOK、という適当さですが、
その適当さもまた面白い。

映画というフィルターを通じて、自分のいる地点を見直すと、
ちょっと愉快になることがわかり、今度は大きいDVD屋に行って、bまともな映画を
買ってこよう、と思っているところです。


posted by おさる at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | マレーシア文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

断食明けの食事会


1ヶ月間の断食の期間は、単純に食べ物を食べないというだけでなく、
貧しい人、恵まれない人のことを思いやる期間でもあるそうです。

聞いた話では、
最初の10日間は「神の恵み」の時期であり(nikmat rahmat)
次の10日間は「許し」の時期であり(keampunaan)
最後の10日間はより特別な時期で、献身的にお祈りする時期
とのこと。

断食の期間には様々な場所で、日が沈むと同時に食事を食べる会が
催され、上記の貧しい人々などが招かれる様子です。

昨日は、この断食明けの食事会が地元ホテルのオーナーによって
開催され、障害者の人々とその家族を中心に招かれました。

障害者をひとくくりに「貧しく恵まれない人々」としてしまうのは、感覚的に
どうしても抵抗はありますが、
こちらの人々はこのこと対して特に抵抗を感じている様子はないような
気はします。

主催者のホテルオーナーが食事をふるまい、最後に来訪した障害者の
人々へお金を少しずつ配ります。

お恵み、というような感覚がどうも受け付けないな〜、という気がしつつも
これはイスラムの文化?とも思うし。

しかしながら、皆それぞれ伝統衣装に身をまとい行う食事会は、それはそれで
華やかなものもあります。
今回、「出席人数が足りないから、カナの知り合いの障害者登録をしている人を
呼んでもよいよ。」と言われて、幾人かに個人的に声をかけました。
そういうこともあって、会場に行ってみると多くの人が私の知っている人たちでした。
たしか60名の障害者の人たちを呼んだ、ということだった気がするけど
この1年でずいぶん多くの人たちと知り合いになれたんだなぁ、と
改めて感じたところ。
その60名全員のお役に立てているわけではありませんが、
でも、一緒に行った配属先の職員よりも全然顔がきくぞ(笑)
などと思いつつ。

RIMG0435.JPG

もうすぐ断食も終わり。
私は結局ほとんど断食できませんでしたが・・・。来月はいよいよこちらの新年を迎えます☆



posted by おさる at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | マレーシア文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。